山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ基盤系医学科目 > 基礎生物医学
コース 基礎生物医学

■目標

1.一般学習目標(コースGIO)

 医学部2年生および学士編入学生が、基盤医学系科目を円滑かつ効率良く理解するために、高校および共通教育で学習した知識を確認しつつ、基盤医学系科目の概説と基本的な実習を通して、生命現象を観察する基本手技を修得すると共に、生命現象の基本を統合的に学習する。

2.構成ユニット目標(ユニットGIOs)

ユニット名 ユニット責任者 学年 コマ数 ユニットGIO
基礎解剖生理学序説 小林誠 2 12  生命現象の基本を理解するために、人体の基本的な構造と機能、および遺伝と代謝に関わる基本的な分子の構造と機能を統合的に学習する。
基礎生化学序説 中井彰 2 7  生命現象の基本を理解するために、遺伝と代謝に関わる基本的な分子の構造と機能を統合的に学習する。
基礎生命実験医学 中村教泰 2 16 うち(実習)12  基盤医学系教科を理解するために、生物の発生や諸現象、観察方法及び実験動物等について、講義と実習を通してそれらの基礎知識を習得する。
発生学 中村教泰 2 11 うち(実習)2  人体の生命システムを発生学的観点から理解するために、ヒトを含めた哺乳類の各発生段階や各種の先天性奇形について学習する。
医用統計学 浅井義之 2 15 うち(実習)6  不確定性を持つ生命現象を客観的に測定・評価するために、高校および共通教育で学習した知識を確認しつつ、医学における科学的認識法としての統計学を修得し基本的な手法を身につける。

■コースのねらいとユニット構成

 本コースは、医学専門教育の基盤医学系科目として、最初に開講されるコースである。高校および共通教育で学習内容と基盤医学系科目の学習内容の間の橋渡し的役割を果たすために、上記の5つのユニットが構成された。

■注意点