山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ基盤系医学科目 > 細胞生物医学
コース 細胞生物医学

■目標

1.一般学習目標(コースGIO)

 ヒトの細胞を生物学的に理解するために、その複雑な構造、代謝、および複製などの生命現象に関わる分子の構造と機能ならびに分子間相互作用と機能調節機構を学ぶとともに、実習を通して基本的な生化学及び分子生物学的な実験手法を習得しながら生命現象を化学量論的に考察する能力を養う。さらに、演習を通じて細胞の生理過程ならびに病理過程を機能分子の働きの面から理解し、疾病の病態と治療の分子基盤について統合的に学ぶ。

2.構成ユニット目標(ユニットGIOs)

ユニット名 ユニット責任者 学年 コマ数 ユニットGIO
細胞生物エネルギー学 清木誠 2 18  生体の生命維持に必要なエネルギー代謝を理解するために、生体酸化とATP生合成に関わるタンパク質や酵素の構造と機能ならびにその統合と制御機構を学ぶ。
分子細胞生物学 中井彰 2 19  生体機能の営みを分子のレベルで理解するために、遺伝子の構造と複製、転写から翻訳までの機構を知り、遺伝子産物による細胞機能発現のしくみと遺伝子異常がもたらす疾病の分子基盤を学ぶ。
統合薬理学 乾誠 2 25  科学的で適切な薬物治療ができるようになるために、薬物と生体との相互作用およびその作用機序についての知識を習得し、薬物の相互作用や有害作用を理解した上で疾患の治療や予防に適する薬物を選択する能力を身に着ける。
生化学実習 清木誠 2 21  基本的な生化学実験手技を習得しながら生命現象を化学量論的に考察する能力を養うために、生体を構成する基本的な物質の化学特性と生物学的機能を利用して生体試料中の物質の定量や機能評価を行う。
細胞生理化学演習 中井彰 2 16  人体の生理機能及び病態を分子レベルで理解するため、細胞の生理過程ならびに病理過程を機能分子の働きの面から理解し、疾病の病態と治療の分子基盤について統合的に学ぶ。

■コースのねらいとユニット構成

 本コースは、医学部専門教育科目として、細胞の代謝や複製の機構あるいは薬物との相互作用の機構を通してヒトの生命現象を分子のレベルで理解し、それを基礎に生命現象に関わる分子の機能を定量的に評価する能力を養うことを目的としている。
  1) 分子の構造と機能の統合的学習
  2) 定性的評価と定量的評価の実証的学習

■注意点