山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ基盤系医学科目 > 社会医学・地域医療
コース 社会医学・地域医療

■目標

1.一般学習目標(コースGIO)

 人々の健康と疾病の問題を社会の中で位置づけ、医師として臨床、研究、行政の場で適切に対応し、将来にわたって研鑽を積む態度を身につけるために、環境要因と健康の関係、予防の基本的な考え方、人々の健康水準と課題、保健・医療・福祉システムの現状と課題、わが国の地域医療の現状と課題、法医学的視点、医学と医療における倫理問題とそれらの解決に必要な基本的な知識と技能を修得する。

2.構成ユニット目標(ユニットGIOs)

ユニット名 ユニット責任者 学年 コマ数 ユニットGIO
環境・予防医学 田邉剛 2 17  人の健康問題を自然・社会環境との関連で適切に把握し解決するために、環境要因とその評価方法、環境問題の歴史と現状、予防の考え方とその実現について理解する。
衛生統計・保健医療学 田邉剛 3 17  国民の健康問題を正しく把握し必要な社会施策を認識するために、健康水準の評価方法、保健・医療・福祉のシステム、わが国および各国の現状と課題について理解する。
生活習慣病・疫学・地域医療 田邉剛 2 15  集団における疾病発生要因を正しく把握し、生活習慣病における課題を認識するために、疫学の考え方、研究方法、主要な生活習慣病と予防について理解する。さらに、地域医療に寄与できる能力を得るために、その現状と課題を理解する。
法医学 藤宮龍也 4 25  法医学的見方ができる臨床医の基礎能力を得るために、医師として必要な法医学・死体検案・医事法学の知識と、法医学的視点から問題解決するための基礎的技能や公正な態度を修得する。
社会医学基本実習 田邉剛 3 25  健康問題を環境との関連で適切に把握し予防する基礎能力を得るために、環境要因の評価方法、健康水準の評価方法、基本的な疫学研究方法を修得する。
社会医学課題実習 田邉剛 3・4 45  地域の保健・医療、生活環境、労働衛生が抱える問題点を現地調査や文献調査等により理解する。さらに、グループワークを通じ、医学生の立場に立って課題を整理し、課題達成・問題解決のための提言をまとめる。本実習では社会医学分野での問題解決能力を育成するとともに、今後の自主学習や自主的研究活動に対する動機づけを支援する。
地域包括医療修学実習 3 7  地域医療マインドを持った医師となるために、地域社会(へき地・離島を含む)で求められる医療・保健・福祉・介護の活動について学ぶ。

■コースのねらいとユニット構成

 社会的存在である人間における健康と疾病の問題とその解決は、自然環境や社会環境、保健・医療・福祉のシステム、人々の行動と心理に大きく影響を受ける。本コースでは、人々の健康問題を社会の中で位置づける視点、わが国および各国の現状と課題、その解決のために必要な基本的な知識と技能を修得することを目標とする。これらは高年次社会医学コースにおける問題解決のためのより具体的な学習に引き継がれる。

■注意点