山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ基盤系医学科目 > 高度自己修学
コース 高度自己修学

■目標

1.一般学習目標(コースGIO)

 人々の健康と疾病の問題に対して幅広い学術的視野を持った創造的で豊かな人間性を身につけるために、先端の医学・生命科学を理解し、自ら見いだした医学・医療・福祉の課題に取り組み解決し、それを学問としてまとめる能力を養う。

2.構成ユニット目標(ユニットGIOs)

ユニット名 ユニット責任者 学年 コマ数 ユニットGIO
自己開発コース 白澤文吾 3  学問的ならびに人間的な成熟の基礎を養うために、これまでに学習した医学・医療・福祉の知識を基盤として、各自がそれぞれの課題を見いだし、その課題を解決するために研究・社会活動を実践し、その体験のなかで自己啓発を促し、動機づけと自助自立の精神を高め、自主学習
修学論文テュートリアル 白澤文吾 3 80  科学的な考え方に基づいた論文作成法と発表方法を習得するために、医学・医療・福祉に関する課題を各自が設定し、文献をもとに論理的に理解し論文としてまとめて発表する。
基盤系特別専門講義 篠田晃 3 42  医学・生命科学の先端分野に触れ、学術的視野を広め、自分の学習方向を見定め、学習意欲を高めるために、学内外の第一線の研究者の講義を聞き、質疑応答等の議論に参加し、学問の面白さを知り、先端分野の現状と将来の方向性を把握し、考察する。

■コースのねらいとユニット構成

 これまでに系統立てて学習した医学・医療・福祉の知識を基盤として、医学・生命科学をはじめとした先端分野についてこれまでの知識を整理しながら統合的に理解する。また、各自が医学・医療・福祉の領域からある特定の課題を見いだし、その課題にアプローチするために指導者と場を探して研究活動あるいは社会活動を実践し、成果を論理的に整理して論文としてまとめる方法を習得する。これらの過程で研究者や医療従事者、あるいは社会と深くかかわりながら、高い倫理性を身につけるとともに、自分自身の知識、技術や態度を客観的に評価し、その向上に向けた努力をする。

■注意点