山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ展開系医学科目 > 内臓器官病態学
コース 内臓器官病態学

■目標

1.一般学習目標(コースGIO)

 内臓器官系の生命現象のうち病的状態について理解し、その疾病に対する診療が出来るようになるために、消化器系、循環器系、呼吸器系、腎・尿路系の各臓器の形態・生理・機能、ならびに、この系の各疾患の疫学、病因・病態、診断、治療、および病的経過や予後に関する総合的な知識を修得し、これらの病気を持った患者に、全人的に対応できる臨床能力を身につける。

2.構成ユニット目標(ユニットGIOs)

ユニット名 ユニット責任者 学年 コマ数 ユニットGIO
消化器病態系 坂井田功(代表)/永野浩昭 3 36  消化器疾患を理解しその診療ができるようになるために、歯・口腔・顎、消化管、肝・胆・膵の各臓器の形態・生理・機能、ならびに、各疾患の疫学、病因・病態、診断法、内科的・外科的治療法、および病的経過や予後に関する総合的な知識を修得し、消化器患者に対する臨床能力を身につける。
循環器病態系 矢野雅文(代表)/濱野公一 4 44  循環器疾患を理解しその診療ができるようになるために、心臓、血管系の形態・生理・機能、ならびに、各疾患の疫学、病因・病態、診断法、内科的・外科的治療法、および病的経過や予後に関する総合的な知識を修得し、循環器患者に対する臨床能力を身につける。
呼吸器病態系 松永和人 3 23  呼吸器疾患を理解しその診療ができるようになるために、呼吸器系の形態・生理・機能、ならびに、各疾患の疫学、病因・病態、診断法、内科的・外科的治療法、および病的経過や予後に関する総合的な知識を修得し、呼吸器患者に対する臨床能力を身につける。
腎・尿路病態系 松山豪泰 3 16  腎・尿路系疾患を理解しその診療ができるようになるために、腎臓、副腎、尿路、男性性器の形態・生理・機能、ならびに、各疾患の疫学、病因・病態、診断法、内科的・外科的治療法、および病的経過や予後に関する総合的な知識を修得し、腎・尿路患者に対する臨床能力を身につける。

■コースのねらいとユニット構成

 内臓器官病態系では胸・腹部にある多くの臓器を対象にして、生命現象としての役割・機能と、病的変化である疾患の病態、診断、治療について、総合的な理解が求められる。循環器、呼吸器、消化器、泌尿器系の疾患は新生児から老年者まで幅広く認められ、ありふれた病気も多く、最も疾患頻度の高い臓器系である。本コースでは、主として以下の3点から学習を進めることになる。

1) 器官の構造・生理機能、および臓器の検査法や疾患の診断法(検体検査や画像検査)について
2) 臓器系の各論(各疾患)について
 a) 疾患概念・定義・分類、b) 病態生理・病理、c) 臨床症状、d) 診断・鑑別診断、e) 管理・治療、f) 経過・予後など"
3) 症候からの臨床診断や対応について
 以上の学習を通して、まず臓器の機能と病気の診断に必要な検査法、および検査所見の読み方を学ぶ。あわせて各臓器系にはどのような疾患があるのか、各疾患毎の病因・病態、症状、診断法、内科的・外科的治療法などを修得する。さらに、以上の知識を応用して、症候や身体所見から診断を考え、いかに臨床的な対応を行うかを身につける。

■注意点