山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ基盤系医学科目病態学総論 > 病原細菌学
コース 病態学総論
コース 病原細菌学

授業科目の主題・到達目標

Excelファイルダウンロード

目標

1.一般学習目標(GIO)

 微生物のなかでも主に細菌とその感染について医学士(医師)として必要な知識を身につけるために、微生物の分子生物学などの基礎的理解の上に立って、各微生物の特徴を理解し、その鑑別ができる技術を学習する。

2.個別行動目標(SBOs)

▼SBOを表示<->閉じる

方略(LS)

1.ユニット構成

日付順で表示

講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 対応SBOs
k0405280100 1 2017年10月5日(木)
1・2時限
細菌学序論 白井睦訓 第1講義室
C-3-1-4-2,C-3-1-4-3,D-7-1-*-15,E-1-1-*-5,E-1-2-*-1
k0405280200 2 2017年10月6日(金)
1・2時限
細菌の遺伝 淺岡洋一 第1講義室
C-2-6-*-1,C-2-6-*-2,C-3-1-4-3,C-2-6-*-3,C-2-6-*-4,C-2-6-*-5,C-2-6-*-7,Y-1-1-*-13,Y-1-1-*-14,Y-1-1-*-15
k0405280300 3 2017年10月6日(金)
3・4時限
細菌の形態・増殖と滅菌・消毒 長谷川明洋 第1講義室
C-3-1-4-1,C-3-1-4-3,E-1-1-*-3
k0405280700 4 2017年10月11日(水)
5・6時限
細菌・真菌の病原性 荻野英賢 第1講義室
C-3-1-4-3,C-3-2-1-1,E-1-1-*-1,C-2-3-2-1,Y-1-1-*-18,C-3-1-4-11,E-1-4-4-1,E-1-4-4-6
k0405280500 5 2017年10月11日(水)
7・8時限
細菌感染と診断 調恒明 第1講義室
D-3-2-*-3,E-1-2-*-2,E-1-2-*-4,F-2-2-*-16
k0405281000 6 2017年10月18日(水)
1・2時限
マイコプラズマ、リケッチア、クラミジア 尾内一信 第1講義室
C-3-1-4-12,E-1-4-3-1,E-1-4-3-2,E-1-4-5-1
k0405280900 7 2017年10月19日(木)
1・2時限
グラム陰性球菌と桿菌(1)(2) 淺岡洋一 第1講義室
C-3-1-4-4,C-3-1-4-6,C-3-1-4-8,E-1-1-*-5,E-1-4-2-4
k0405281100 8 2017年10月19日(木)
3・4時限
グラム陽性桿菌、グラム陰性好気性球菌、抗酸菌 白井睦訓 第1講義室
C-3-1-4-7,C-3-1-4-10,E-1-4-2-3,E-1-4-2-5
k0405280800 9 2017年10月20日(金)
1・2時限
グラム陽性球菌、院内感染菌と薬剤耐性菌 白井睦訓 第1講義室
C-3-1-4-5,E-1-1-*-4,E-1-1-*-6,E-1-4-2-1,E-1-4-2-2,E-1-4-6-1,E-1-4-6-2,D-3-4-8-1
k0405281300 10 2017年10月26日(木)
1・2時限
らせん状菌:ヘリコバクター、キャンピロバクター、スピリルム、スピロヘータ 小西久典 第1講義室
C-3-1-4-9,C-3-1-4-12,D-3-4-8-4,D-7-4-2-5,E-1-4-5-1
k0405280600 11 2017年10月26日(木)
3・4時限
化学療法 尾家重治 第1講義室
C-3-1-4-2,C-3-1-4-3,E-1-2-*-3,Y-1-1-*-18
試験
項目 年月日曜日時限   担当者 場所 対応SBOs
  2017年10月30日(月)
3・4時限
筆記試験 白井睦訓, 淺岡洋一, 長谷川明洋, 荻野英賢 形態学実習室(実習棟A4階)

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
2 標準微生物学(第12版) 監修:平松啓一 医学書院 2015 \7,000
3 細菌学 竹田美文 他編 朝倉書店 2002 \30,000
2 シンプル微生物学(改訂第5版) 東匡伸 他編 南江堂 2011 \2,900
3 ハリソン内科学 (第5版) E. Braunwald 他編 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2017 \29,800

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.その他

評価方法

 出席日数、学習態度、筆記試験により評価する。
細菌学ユニットの授業出席率2/3以上に達しない者は、ユニット試験の受験資格がなく、受験しても評価の対象としない。

注意点