山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ基盤系医学科目病態学総論 > 病理組織実習1
コース 病態学総論
コース 病理組織実習1

授業科目の主題・到達目標

Excelファイルダウンロード

目標

1.一般学習目標(GIO)

 これまでに学んだ病理病態学の知識を再確認するために、実際に病理組織標本を鏡検し、種々の疾患の病理形態学的特徴について理解を深める。

2.個別行動目標(SBOs)

▼SBOを表示<->閉じる

方略(LS)

1.ユニット構成

日付順で表示

実習(一斉型)
授業ID 年月日曜日時限 実習内容 担当者 場所 対応SBOs
j0405310102 1,2 2018年1月9日(火)
7・8, 9・10時限
実習方法の説明、循環器系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-2-*-1,C-4-2-*-2,C-4-2-*-3,C-4-4-*-1,C-4-4-*-2,C-4-4-*-3,C-4-4-*-4,C-4-4-*-5,C-4-5-*-4,D-5-4-2-1,D-5-4-2-2,D-5-4-2-3,E-2-1-*-2
j0405310304 3,4 2018年1月10日(水)
7・8, 9・10時限
循環器系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-2-*-1,C-4-2-*-2,C-4-2-*-3,C-4-4-*-1,C-4-4-*-2,C-4-4-*-3,C-4-4-*-4,C-4-4-*-5,C-4-5-*-4,D-5-4-2-1,D-5-4-2-2,D-5-4-2-3,E-2-1-*-2
j0405310506 5,6 2018年1月11日(木)
7・8, 9・10時限
呼吸器系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-1,C-4-5-*-2,C-4-5-*-3,D-6-4-2-2,D-6-4-2-3,D-6-4-2-4,D-6-4-2-5,D-6-4-2-6,D-6-4-2-7,D-6-4-3-2,D-6-4-3-3,D-6-4-3-4,D-6-4-3-5,D-6-4-3-6,D-6-4-3-7,D-6-4-3-8,D-6-4-3-9,D-6-4-4-1,D-6-4-4-2,D-6-4-4-3,D-6-4-4-4,D-6-4-5-1,D-6-4-5-2,D-6-4-5-3,D-6-4-6-1,D-6-4-6-2,D-6-4-8-1,D-6-4-8-2,D-6-4-8-3,D-6-4-9-1,D-6-4-9-3,D-6-4-9-5,D-6-4-9-6
j0405310708 7,8 2018年1月12日(金)
7・8, 9・10時限
呼吸器系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-1,C-4-5-*-2,C-4-5-*-3,D-6-4-2-2,D-6-4-2-3,D-6-4-2-4,D-6-4-2-5,D-6-4-2-6,D-6-4-2-7,D-6-4-3-2,D-6-4-3-3,D-6-4-3-4,D-6-4-3-5,D-6-4-3-6,D-6-4-3-7,D-6-4-3-8,D-6-4-3-9,D-6-4-4-1,D-6-4-4-2,D-6-4-4-3,D-6-4-4-4,D-6-4-5-1,D-6-4-5-2,D-6-4-5-3,D-6-4-6-1,D-6-4-6-2,D-6-4-8-1,D-6-4-8-2,D-6-4-8-3,D-6-4-9-1,D-6-4-9-3,D-6-4-9-5,D-6-4-9-6
j0405310910 9,10 2018年1月19日(金)
7・8, 9・10時限
呼吸器系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-1,C-4-5-*-2,C-4-5-*-3,D-6-4-2-2,D-6-4-2-3,D-6-4-2-4,D-6-4-2-5,D-6-4-2-6,D-6-4-2-7,D-6-4-3-2,D-6-4-3-3,D-6-4-3-4,D-6-4-3-5,D-6-4-3-6,D-6-4-3-7,D-6-4-3-8,D-6-4-3-9,D-6-4-4-1,D-6-4-4-2,D-6-4-4-3,D-6-4-4-4,D-6-4-5-1,D-6-4-5-2,D-6-4-5-3,D-6-4-6-1,D-6-4-6-2,D-6-4-8-1,D-6-4-8-2,D-6-4-8-3,D-6-4-9-1,D-6-4-9-3,D-6-4-9-5,D-6-4-9-6
j0405311112 11,12 2018年1月22日(月)
7・8, 9・10時限
神経系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-3,D-2-4-1-1,D-2-4-2-2,D-2-4-2-3,D-2-4-3-1,D-2-4-3-2,D-2-4-3-3,D-2-4-4-1,D-2-4-5-1,D-2-4-5-2,D-2-4-5-3,D-2-4-6-1,D-2-4-7-1,E-2-1-*-1,E-2-1-*-3,E-2-1-*-5,E-2-1-*-7
j0405311314 13,14 2018年1月23日(水)
7・8, 9・10時限
神経系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-3,D-2-4-1-1,D-2-4-2-2,D-2-4-2-3,D-2-4-3-1,D-2-4-3-2,D-2-4-3-3,D-2-4-4-1,D-2-4-5-1,D-2-4-5-2,D-2-4-5-3,D-2-4-6-1,D-2-4-7-1,E-2-1-*-3,E-2-1-*-5,E-2-1-*-7
j0405311516 15,16 2018年1月25日(木)
7・8, 9・10時限
神経系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-3,D-2-4-1-1,D-2-4-2-2,D-2-4-2-3,D-2-4-3-1,D-2-4-3-2,D-2-4-3-3,D-2-4-4-1,D-2-4-5-1,D-2-4-5-2,D-2-4-5-3,D-2-4-6-1,D-2-4-7-1,E-2-1-*-1,E-2-1-*-3,E-2-1-*-5,E-2-1-*-7
j0405311718 17,18 2018年1月30日(火)
7・8, 9・10時限
眼・視覚系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
D-13-4-*-13,D-14-4-*-5,D-14-4-*-8,D-14-4-*-11,D-14-4-*-14,E-2-1-*-1,E-2-1-*-3,E-2-1-*-4,E-2-1-*-5,E-2-1-*-7,E-2-2-*-1
j0405311920 19,20 2018年1月31日(水)
5・6, 7・8時限
血液・造血器・リンパ系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
D-1-4-1-1,D-1-4-1-2,D-1-4-1-3,D-1-4-1-4,D-1-4-1-5,D-1-4-2-1,D-1-4-2-2,D-1-4-2-3,D-1-4-2-4,D-1-4-2-5,D-1-4-2-6,D-1-4-2-7,D-1-4-3-1,D-1-4-3-2,D-1-4-3-3,D-1-4-4-1,D-1-4-4-2,D-1-4-4-3,D-1-4-4-4,D-1-4-4-5,D-1-4-4-6,D-1-4-4-7,D-1-4-5-1,E-2-1-*-1,E-2-2-*-2
j0405312122 21,22 2018年2月5日(月)
5・6, 7・8時限
血液・造血器・リンパ系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
D-1-4-1-1,D-1-4-1-2,D-1-4-1-3,D-1-4-1-4,D-1-4-1-5,D-1-4-2-1,D-1-4-2-2,D-1-4-2-3,D-1-4-2-4,D-1-4-2-5,D-1-4-2-6,D-1-4-2-7,D-1-4-3-1,D-1-4-3-2,D-1-4-3-3,D-1-4-4-1,D-1-4-4-2,D-1-4-4-3,D-1-4-4-4,D-1-4-4-5,D-1-4-4-6,D-1-4-4-7,D-1-4-5-1,E-2-2-*-2
j0405312324 23,24 2018年2月6日(火)
5・6, 7・8時限
内分泌・栄養・代謝系の疾患 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-3-*-1,C-4-3-*-2,C-4-3-*-3,C-4-3-*-4,C-4-3-*-5,D-12-4-2-1,D-12-4-2-2,D-12-4-2-3,D-12-4-2-4,D-12-4-4-1,D-12-4-4-2,D-12-4-4-3,D-12-4-4-6,D-12-4-7-2,D-12-4-7-3,E-2-1-*-1
j0405312526 25,26 2018年2月7日(水)
5・6, 7・8時限
復習 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)
試験
項目 年月日曜日時限   担当者 場所 対応SBOs
  2018年2月13日(火)
1・2, 3・4時限
筆記試験(評価方法参照) 池田栄二, 崔丹, 木村徳宏 形態学実習室(実習棟A4階)

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
1 組織病理アトラス(第6版) 小池盛雄 他編 文光堂 2016 \12,600

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.その他

 1〜30回を旧病理学第一講座、31〜60回を旧病理学第二講座が担当する。

評価方法

 29, 30回にユニット前半、59, 60回にユニット後半の内容についての筆記試験を行う。この筆記試験は実際の標本を鏡検して回答をする場合と、その他の方法による場合がある。最終的な成績はこれらの試験および授業への参加態度を総合的に判断して評価するが、ユニット前半、後半の筆記試験がどちらか一方あるいは両方が6割未満のものについては、該当する範囲の再試験を一度行う。

注意点

 出席の確認は点呼や本人署名、小テスト、作業課題レポート等で行う。実習時間内のいつ実施するかについては決めない。遅刻(無断離席を含む)は2回で欠席1回とする。1〜30回および31回〜60回の範囲でそれぞれ6回以上無断欠席すると本試験が受けられない。1日欠席すると2回欠席したことになるので注意すること。なお小テストや作業課題レポートの点数は最終的な成績評価の対象としない。