山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ基盤系医学科目社会医学・地域医療 > 地域包括医療修学実習
コース 社会医学・地域医療
コース 地域包括医療修学実習

授業科目の主題・到達目標

Excelファイルダウンロード

目標

1.一般学習目標(GIO)

 地域医療マインドを持った医師となるために、地域社会(へき地・離島を含む)で求められる医療・保健・福祉・介護の活動について学ぶ。

2.個別行動目標(SBOs)

▼SBOを表示<->閉じる

方略(LS)

1.ユニット構成

日付順で表示

実習(特殊型)
授業ID 項目 曜日 時限 実習内容 担当者 場所 対応SBOs
地域医療に関する実習 福田吉治, 中村浩士, 田口昭彦, 安部真彰
B-*-2-*-1,B-*-2-*-2,B-*-2-*-3,B-*-2-*-4,B-*-2-*-5,B-*-2-*-7,G-2-*-1-1,G-2-*-1-3,G-2-*-1-4,G-2-*-1-5,G-2-*-2-1,G-2-*-2-2,G-2-*-3-1,G-2-*-3-2,G-2-*-3-3,G-2-*-3-4,G-2-*-3-5,G-5-*-*-1,G-5-*-*-2,G-5-*-*-3,G-5-*-*-4,G-5-*-*-5

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
3 21世紀プライマリ・ケア序説 改訂版 伴信太郎 プリメド社 2009 \2,310
3 プライマリ 地域へむかう医師のために 松村真司 医学書院 2008 \2,310
3 新家庭医プライマリ・ケア医入門 日本家庭医療学会 プリメド社 2010 \3,780
3 地域医療テキスト 自治医科大学 医学書院 2009 \3,990

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.その他

1.地域包括医療修学実習とは

 近年、地域医療の重要性がますます高まっています。地域の医師不足は深刻化し、地域医療を支える医療人の育成は日本の医療の根幹に関わる重要な課題となっています。地域医療を支える人材育成のためには、学生時代の早期から地域医療を実際に体験し、地域社会を知り、地域住民のニーズを理解し、そのニーズに合った態度、知識、技術を習得することが求められます。
「地域包括医療修学実習」は、山口県の地域医療を担う診療所・病院を中心に、医療のみならず、保健、福祉、介護、そして、地域社会

評価方法

学生による実習記録、指導医による指導記録、事前説明会や実習での態度により、評価します。

注意点

事前に、実習にあたっての注意事項(血圧測定などの簡単な診察手技の習得含む)について説明を行います。この事前説明会等において、学外での実習を履修させることができないと判断された学生には学内での実習等を履修してもらうことがあります。