山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ展開系医学科目生体統御・造血病態学 > 血液・リンパ・造血器病態系
コース 生体統御・造血病態学
コース 血液・リンパ・造血器病態系

授業科目の主題・到達目標

Excelファイルダウンロード

目標

1.一般学習目標(GIO)

 血液・リンパ・造血器疾患の診断と治療を理解するために、生体における血液細胞の正常な機能を学習し、病態に基づく診断・治療へのアプローチや方法を修得する。

2.個別行動目標(SBOs)

▼SBOを表示<->閉じる

方略(LS)

1.ユニット構成

日付順で表示

講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 対応SBOs
k0416670300 1 2017年9月7日(木)
7・8時限
再生不良性貧血 高橋徹 第2講義室
D-1-1-*-6,D-1-4-1-3
k0416670100 2 2017年9月8日(金)
5・6時限
貧血総論・輸血療法 藤井康彦 第2講義室
D-1-1-*-1,D-1-1-*-2,D-1-1-*-5,D-1-4-1-1,F-1-11-*-1,F-1-11-*-2,F-2-2-*-3,F-2-10-*-1,F-2-10-*-2,F-2-10-*-3,F-2-10-*-4
k0416671400 3 2017年9月8日(金)
7・8時限
出血傾向総論 湯尻俊昭 第2講義室
D-1-1-*-7,D-1-4-4-1,D-1-4-4-6,F-1-12-*-1,F-1-12-*-2
k0416670900 5 2017年9月12日(火)
5・6時限
成人T細胞性白血病・慢性リンパ性白血病 湯尻俊昭 第2講義室
D-1-4-2-5,E-1-4-1-13
k0416670800 4 2017年9月12日(火)
7・8時限
急性白血病 中邑幸伸 第2講義室
D-1-4-2-1,D-1-4-2-2,D-1-4-2-6,E-2-2-*-2
k0416671100 6 2017年9月15日(金)
1・2時限
特発性血小板減少性紫斑病・血栓性血小板減少性紫斑病 藤井康彦 第2講義室
D-1-4-4-2,D-1-4-4-5,D-1-4-4-7
k0416670600 7 2017年9月15日(金)
3・4時限
骨髄異形成症候群 湯尻俊昭 第2講義室
D-1-1-*-1,D-1-1-*-2,D-1-4-2-4
k0416671300 8 2017年9月19日(火)
3・4時限
多発性骨髄腫と類縁疾患 湯尻俊昭 第2講義室
D-1-1-*-4,D-1-4-3-2,D-1-4-3-3,D-12-4-7-1
k0416671000 9 2017年9月20日(水)
3・4時限
凝固異常症 東野洋一 第2講義室
D-1-4-4-3,D-1-4-4-4
k0416670700 10 2017年9月21日(木)
1・2時限
慢性骨髄増殖性疾患 湯尻俊昭 第2講義室
D-1-4-2-3,D-1-4-2-7,E-2-2-*-2
k0416671200 11 2017年9月21日(木)
3・4時限
造血幹細胞移植 中邑幸伸 第2講義室
E-1-1-*-2,E-1-1-*-4,E-1-4-1-10,E-1-4-4-1,E-1-4-4-2,E-1-4-4-6,F-2-10-*-5,F-2-10-*-7,F-2-10-*-8,F-2-10-*-9
k0416670200 12 2017年9月22日(金)
1・2時限
鉄欠乏性貧血・巨赤芽球性貧血 藤井康彦 第2講義室
D-1-4-1-2,D-1-4-1-5
k0416670500 13 2017年9月25日(月)
1・2時限
溶血性貧血 服部幸夫 第2講義室
D-1-1-*-5,D-1-4-1-4
k0416670400 14 2017年9月25日(月)
3・4時限
悪性リンパ腫 田中芳紀 第2講義室
D-1-1-*-3,D-1-4-3-1,E-2-2-*-2,F-1-13-*-1,F-1-13-*-2
試験
項目 年月日曜日時限   担当者 場所 対応SBOs
  2017年10月2日(月)
3・4時限
筆記試験 湯尻俊昭 第3講義室

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
1 血液疾患のとらえかた 池田康夫 編 文光堂 2001 \7,350
2 三輪血液病学 (第3版) 三輪史朗 他編 文光堂 2006 \47,250
2 ハリソン内科学 (第5版) E. Braunwald 他編 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2017 \31,290
3 Hematology: Basic Principles and Practice, 6rd ed Hoffmann 他編 Churchill Livingstone 2012 \44,000

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.その他

評価方法

 ユニット最終日に、ユニット全内容についての筆記試験を行う。筆記試験は医師国家試験に準じた形式でおこなう。難易度は教科書の内容を理解していれば合格できる程度。但し、教科書のレベル以上の問題であっても講義に出席していれば解答可能なものも適宜出題する。出席点を採点上考慮する場合がある。

注意点