山口大学医学部 医学教育総合電子システム「eyume2017」electronic system Yamaguchi University Medical Education

カリキュラム

トップページ展開系医学科目診療学総論 > 医療情報・EBM
コース 診療学総論
コース 医療情報・EBM

授業科目の主題・到達目標

Excelファイルダウンロード

目標

1.一般学習目標(GIO)

 医療は不確実な状況のなかの科学であることを理解し、ベッドサイドにおいて最適な医学判断が出来るようになるために、情報科学とEBMの総合的な知識と技術を修得し、医療情報の収集・蓄積・評価を実践できる臨床能力を身につける。

2.個別行動目標(SBOs)

▼SBOを表示<->閉じる

方略(LS)

1.ユニット構成

日付順で表示

講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 対応SBOs
k0418820100 1 2017年10月13日(金)
1・2時限
医療情報判断学概論 石田博 第2講義室
A-1-2-*-2,A-1-4-*-1,A-4-5-*-1,B-*-8-*-4,B-*-3-*-2,B-*-7-*-2,B-*-7-*-3
k0418820200 2 2017年10月13日(金)
3・4時限
診断プロセスと医学判断学(1) 猪飼宏 第2講義室
A-1-2-*-2,A-4-5-*-1,F-2-2-*-1,F-2-2-*-2,G-1-*-1-1,G-1-*-1-2,G-1-*-1-3
k0418820500 3 2017年10月17日(火)
1・2時限
健康アウトカム評価(1) 下妻晃二郎 第2講義室
A-1-2-*-1,A-1-2-*-2,A-1-4-*-2,A-4-5-*-2,B-*-5-*-5,B-*-8-*-3
k0418820700 4 2017年10月17日(火)
3・4時限
健康アウトカム評価(2) 下妻晃二郎 第2講義室
A-1-2-*-1,A-1-2-*-2,A-1-4-*-2,A-4-5-*-2,B-*-5-*-5,B-*-8-*-3 
k0418820400 5 2017年10月18日(水)
1・2時限
医療統計学の理論的背景 赤澤宏平 第2講義室
B-*-3-*-4,B-*-8-*-4
k0418821100 6 2017年10月18日(水)
3・4時限
医療統計学の実践的方法 赤澤宏平 第2講義室
B-*-3-*-4,B-*-8-*-4
k0418821000 7 2017年10月19日(木)
1・2時限
診断プロセスと医学判断学(2) 猪飼宏 第2講義室
A-1-2-*-2,A-4-5-*-1,F-2-2-*-1,F-2-2-*-2,G-1-*-1-3
k0418820300 8 2017年10月19日(木)
3・4時限
EBM概論とエビデンス検索・収集 石田博 第2講義室
A-4-4-*-1,A-4-5-*-1,B-*-8-*-4,B-*-8-*-5
k0418820900 9 2017年10月20日(金)
1・2時限
医療の質とデータサイエンス 国澤進 第2講義室
A-4-3-*-1,A-4-3-*-3,A-4-3-*-4,A-4-5-*-1,B-*-5-*-5,B-*-7-*-4
k0418820600 10 2017年10月27日(金)
1・2時限
医療の質と経済性の評価 猪飼宏 第2講義室
A-4-5-*-2,B-*-5-*-9,G-1-*-1-4
k0418820800 11 2017年10月27日(金)
9・10時限
患者との情報共有による判断支援(Shared Decision Making) 石田博 第2講義室
A-4-4-*-2,A-4-5-*-1,A-4-5-*-2, B-*-8-*-5
試験
項目 年月日曜日時限   担当者 場所 対応SBOs
  2017年11月13日(月)
1・2時限
試験 石田博, 猪飼宏 第3講義室

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
2 Medical Decision Making Harold C. Sox 他著 Butterworth-Heinemann Medical 2013 \6,501
3 臨床決断分析―医療における意思決定理論 Weinstein 他著 医歯薬出版 1992 \12,233
3 医療・ヘルスケアのための決断科学―エビデンスと価値判断の統合 Myriam Hunink 他著, 福井次矢 他訳 医歯薬出版 2004 \9,870
3 EBMのためのデータ統合型研究―メタ分析、決断分析、費用効果分析の理論と実際 Diana B. Petitti (著), 福井 次矢 (翻訳), 青木 則明 (翻訳) メディカル・サイエンス・インターナショナル 1999 \6,930
3 How to Useクリニカル・エビデンス 浦島充佳 著 医学書院 2004 \2,800
3 エビデンス精神医療―EBPの基礎から臨床まで 古川壽亮 著 医学書院 2000 \6,195
3 臨床のためのQOL評価ハンドブック 池上直己 他編著 医学書院 2001 \2,940

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.その他

評価方法

 ユニット最終日に、ユニット全内容についての筆記試験を行う。ユニット進行中にもレポートが課されることがある。成績評価は、これらの試験やレポート、授業への参加態度を総合的に判断する。

注意点