時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

ユニット概要
Unit

コース

臨床総論

ユニット

遺伝子病態学

目標

1.主題

1.疾病の病因及び病態を遺伝子レベルで理解する。
2.遺伝情報の伝達の仕組みとその異常による疾患発症のメカニズム、診断,治療への応用法を修得する。
3.遺伝性疾患に関する倫理的配慮の必要性について理解する。

2.到達目標

1.遺伝子の構造、発現調節とその異常の概略について説明ができる
2.遺伝子変異と表現系について説明できる。
3.遺伝因子と環境の相互作用について概略が説明できる。
4代表的な遺伝性疾患の病態を説明できる。
5..代表的な遺伝性疾患の診断・治療法について説明できる。
6.体細胞遺伝子変異による疾患の診断・治療法について説明できる。
7.遺伝カウンセリングの基本理念と実施に必要な基礎知識について説明できる。

3.ねらい(H28コアカリ等対応)

▼ねらい番号を表示

4.学修目標(H28コアカリ等対応)

▼コアカリ番号を表示

5.旧一般学習目標(GIO)

▼旧一般学習目標(GIO)を表示

方略(LS)

1.ユニット構成

日付降順で表示
講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 コアカリ番号
k0411520100 1 2019年2月7日(木)
5・6時限(2年)
染色体の成り立ちとその異常 中井彰 第1講義室
C-4-1-*-3,Y-11-3-*-1,Y-11-3-*-2,Y-11-3-*-3,E-1-1-*-3
k0411520700 2 2019年2月7日(木)
7・8時限(2年)
生殖領域における遺伝子医学 浅田裕美 第1講義室
D-10-1-*-4,Y-11-3-*-11,Y-11-3-*-12,Y-11-3-*-13
k0411520200 3 2019年2月8日(金)
1・2時限(2年)
遺伝子産物の発現と機能から見た遺伝子病 中井彰 第1講義室
E-1-1-*-1,E-1-1-*-4
k0411520500 4 2019年2月8日(金)
3・4時限(2年)
遺伝子と血液疾患 田中真由美 第1講義室
C-4-1-*-3,Y-1-1-*-14,Y-11-3-*-1,Y-11-3-*-3,Y-11-3-*-10
k0411520300 5 2019年2月8日(金)
5・6時限(2年)
新生児・小児の遺伝学と疾患 髙橋一雅 第1講義室
D-1-4-2-3,D-2-4-6-2,D-12-4-9-3,E-4-3-7-1
k0411520900 6 2019年2月12日(火)
5・6時限(2年)
遺伝カウンセリング 末廣寛 第1講義室
A-4-2-*-1,A-4-2-*-2,A-4-2-*-3,Y-11-3-*-16,E-1-1-*-2,E-1-1-*-3,E-1-1-*-5,E-1-1-*-6,F-2-3-*-9
k0411520800 7 2019年2月12日(火)
7・8時限(2年)
単一遺伝子病と多因子遺伝子病-内分泌・代謝疾患をモデルとして- 谷澤幸生 第1講義室
C-4-1-*-4,D-12-4-5-1,Y-11-3-*-4,Y-11-3-*-5,Y-11-3-*-8,Y-11-3-*-9,C-4-1-*-2
k0411520400 8 2019年2月13日(水)
7・8時限(2年)
神経内科領域における遺伝子医学 川井元晴 第1講義室
C-4-1-*-4,D-2-4-6-2,Y-11-3-*-6,Y-11-3-*-7
k0411520600 9 2019年2月14日(木)
7・8時限(2年)
ゲノム医学の進展と臨床医学への応用 井ノ上逸朗 第1講義室
D-5-4-3-6,D-5-4-5-2,D-5-4-6-1,C-4-1-*-7,E-1-1-*-7,E-1-1-*-8
試験
項目 年月日曜日時限 内容 担当者 場所 コアカリ番号
2019年2月18日(月)
1・2時限(2年)
筆記試験 谷澤幸生 形態学実習室(実習棟A4階)

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
2 ヒトの分子遺伝学 (第4版) 村松正實 他監訳 メディカル・サイエンス・インターナショナル 2011 12600
3 臨床遺伝子医学ガイダンス─分子医学へのアプローチ 小澤敬也 他編著 南山堂 2000 5460
3 遺伝子医療─基礎から応用へ 斉藤秀彦, 吉田純 編 名古屋大学出版会 2000 6825
3 遺伝子(第8版) 菊池韶彦, 榊佳之 他訳 東京化学同人 2006 10500
3 脳神経疾患 病態の分子生物学 澤明 編 南山堂 2005 5670
3 遺伝カウンセリングマニュアル(改訂第3版) 福島義光 編 南江堂 2016 3990
3 糖尿病と遺伝子 ≪糖尿病カレントライブラリー 4≫ 堀川幸男 編 文光堂 2005 8400
3 周産期遺伝相談 神崎秀陽,玉置知子 医学書院 2000 6300
3 一目でわかる臨床遺伝学 (第2版) 古関明彦 監訳 MEDSI 2014 2940
3 遺伝学キーノート P.C.ウインター 著, 東江昭夫 他訳 シュプリンガー・フェアラーク東京 2003 3990
3 ゲノムサイエンスのための 遺伝子科学入門 赤坂甲治 裳華房 2002 3150

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.教育方法等の特記事項

 特記すべきことなし。

評価方法

 ユニット最終日に,ユニット全内容についての筆記試験を行う。ユニット進行中にも適宜小テストやレポートが課されることがある。成績評価は,これらの試験やレポート,授業への参加態度を総合的に判断する。

注意点(再試等)

 ユニット責任者の判断により,再試を行う場合がある。