時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

カリキュラム
Curriculum

コース

人体器官医学

目標

1.一般学習目標(コースGIO)

2.構成ユニット目標(ユニットGIOs)

ユニット名 ユニット責任者 学年 コマ数 ユニットGIO
外皮筋骨格系 篠田晃 2 21 うち(実習)  人体における皮膚・骨・筋の役割を正確に位置づけ、生命の尊厳を認識するため、関連する構造の系統的観察法を習得し、これらの機能及びその制御機構について統合的に理解するとともに、献骨の意義についても考える。
循環・呼吸器系 小林誠 2 24  人体における循環・呼吸器系の役割を正確に位置づけるため、関連する構造と機能及びその制御機構を統合的に理解する。
消化器系 中村教泰 2 10  人体における消化器系の役割を正確に位置づけるため、関連する構造と機能及びその制御機構を統合的に理解する。
泌尿・生殖器系 中村教泰 2 13  人体における泌尿・生殖器系の役割を正確に位置づけるため、関連する構造と機能及びその制御機構を統合的に理解する。
肉眼解剖学実習 篠田晃 2 83  人体の構造的構成と機能的構成の統合的イメージを獲得し、生命の尊厳と協調性の重要性を認識するため、小グループでご遺体の肉眼解剖学実習を行い、肉眼構造の系統的観察法を習得し、実際の人体の構成を現実のものとして理解するとともに、献体の意義についても考える。
組織学実習 中村教泰 2 32  さまざまな人体機能を生み出す場としての各器官および組織の微細構造について顕微鏡を用いて観察する。さらに各器官および組織に特徴的な構造について、機能との関連とともに理解する。
統合組織学演習 中村教泰 2 16

コースのねらいとユニット構成

注意点