時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

ユニット概要
Unit

コース

病態学総論

ユニット

病原生物学実習

目標

1.主題

1.病原生物(細菌、ウイルス)とそれに伴う生体反応、生体防御について必要な知識を習得する。
2.各病原生物の基礎生物学的特性と病原性を理解し、各病原生物の鑑別ができる技術を学習する。
3.免疫応答の基本的概念を理解し、その医学的評価法や測定法に関する技術を学習する。

2.到達目標

1.細菌の構造を図示し、形態と染色性により分類できる。
2.Gram(グラム)陽性球菌(ブドウ球菌、レンサ球菌)の細菌学的特徴とそれが引き起こす疾患を列挙できる。
3.Gram(グラム)陽性桿菌(破傷風菌、ガス壊疽菌、ボツリヌス菌、ジフテリア菌)の細菌学的特徴とそれが引き起こす疾患を列挙できる。
4.Gram(グラム)陰性桿菌(大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、チフス菌、ペスト菌、コレラ菌、百日咳菌、腸炎ビブリオ菌、緑膿菌、ブルセラ菌、レジオネラ菌、インフルエンザ菌)の細菌学的特徴とそれが引き起こす疾患を列挙できる。
5.原虫類・蠕虫類の分類および形態学的特徴を説明できる。
6.白血球の種類と機能を説明できる。
7.体液性と細胞性免疫応答を説明できる。

3.ねらい(H28コアカリ等対応)

▼ねらい番号を表示

4.学修目標(H28コアカリ等対応)

▼コアカリ番号を表示

5.旧一般学習目標(GIO)

▼旧一般学習目標(GIO)を表示

方略(LS)

1.ユニット構成

日付昇順で表示
実習(一斉型)
授業ID 年月日曜日時限 実習内容 担当者 場所 コアカリ番号
j0405301920 19,20 2018年11月6日(火)
5・6,7・8時限(2年)
寄生虫観察-2 玉田耕治, 佐古田幸美, 安達圭志 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
C-3-1-5-1,C-3-1-5-2,C-3-1-5-3,C-3-1-5-4,C-3-1-5-5,E-2-4-3-4
j0405301718 17,18 2018年11月5日(月)
5・6,7・8時限(2年)
寄生虫観察-1 玉田耕治, 佐古田幸美, 安達圭志 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
C-3-1-5-1,C-3-1-5-2,C-3-1-5-3,C-3-1-5-4,C-3-1-5-5,E-2-4-3-4
j0405301516 15,16 2018年11月1日(木)
5・6,7・8時限(2年)
ELISAによるタンパク質の検出・定量-3 玉田耕治, 佐古田幸美, 安達圭志 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
C-2-3-3-2,C-2-3-3-3,D-1-2-*-3
j0405301314 13,14 2018年10月31日(水)
5・6,7・8時限(2年)
ELISAによるタンパク質の検出・定量-2 玉田耕治, 佐古田幸美, 安達圭志 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
C-2-3-3-2,C-2-3-3-3,D-1-2-*-3
j0405301112 11,12 2018年10月30日(火)
5・6,7・8時限(2年)
マイクロピペッターの使い方、血球計数・血漿分離、ELISAによるタンパク質の検出・定量-1 玉田耕治, 佐古田幸美, 安達圭志 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
D-1-1-*-7
j0405300910 9,10 2018年10月26日(金)
5・6,7・8時限(2年)
薬剤感受性試験 長谷川明洋, 白井睦訓, 淺岡洋一, 荻野英賢 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
C-3-1-4-4,C-3-1-4-7,F-2-8-*-5
j0405300708 7,8 2018年10月25日(木)
5・6,7・8時限(2年)
連鎖球菌、ブドウ球菌、偏性嫌気性菌 長谷川明洋, 白井睦訓, 淺岡洋一, 荻野英賢 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
C-3-1-4-4,C-3-1-4-6
j0405300506 5,6 2018年10月24日(水)
5・6,7・8時限(2年)
腸内細菌、緑膿菌と霊菌 長谷川明洋, 白井睦訓, 淺岡洋一, 荻野英賢 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
C-3-1-4-7
j0405300304 3,4 2018年10月23日(火)
5・6,7・8時限(2年)
分離培養、真菌の観察 長谷川明洋, 白井睦訓, 淺岡洋一, 荻野英賢 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
C-3-1-4-1,C-3-1-4-4,C-3-1-4-7
j0405300102 1,2 2018年10月17日(水)
5・6,7・8時限(2年)
病原生物学実習資格認定試験、細菌取り扱いの基本的操作、滅菌、培地作製および染色 長谷川明洋, 白井睦訓, 淺岡洋一, 荻野英賢 衛生・微生物学実習室(実習棟A3階)
C-3-1-4-1,C-3-1-4-4,C-3-1-4-7

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
1 病原生物学実習テキスト 山口大学大学院医学系研究科(ゲノム・機能分子解析分野・免疫学分野)
2 標準微生物学(第12版) 山西弘一 他編 医学書院 2015 7350
2 図説人体寄生虫学(改訂9版) 吉田幸雄 著 南山堂 2016
2 分子細胞免疫学(原著第7版) A.K. Abbas 他著 エルゼビア・ジャパン 2014
2 細胞生物学実験法 野村港二 他著 朝倉書店 2007
3 エッセンシャル微生物学(第4版) 斎藤肇 編 医歯薬出版 1995 8925

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.教育方法等の特記事項

 免疫学的評価法や測定法の基礎的技術を,少人数グループに分かれ,主体的に修学する。実習前にはあらかじめ各実習用のテキストを読み,当日の実習内容を理解しておくこと。

評価方法

 以下を考慮に入れ,総合的に成績を評価する。                  1. 出席,参加態度,レポート
2. 理由なく欠席あるいは指定期日以内のレポート提出を怠った者は評価の対象外となる。

注意点(再試等)