時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

カリキュラム
Curriculum

コース

病態学総論

目標

1.一般学習目標(コースGIO)

2.構成ユニット目標(ユニットGIOs)

ユニット名 ユニット責任者 学年 コマ数 ユニットGIO
基礎病理学総論 伊藤浩史 2 19  病理病態学を臨床医学に応用するために、解剖学、生理学、生化学の十分な知識をもち、先天異常、物質代謝障害、循環障害、進行性病変、炎症および腫瘍に関する知識および基本的診断技術を修得する。
臨床病理学1 池田栄二 2 17  病理病態学を臨床医学に応用するために、先天異常、物質代謝障害、進行性病変、循環障害、炎症および腫瘍に関する一般的知識をもち、諸臓器に生じる疾患の病理学的知識を習得する。
臨床病理学2 伊藤浩史 3 15
病原細菌学 長谷川明洋 2 12  微生物のなかでも主に細菌とその感染について医学士(医師)として必要な知識を身につけるために、微生物の分子生物学などの基礎的理解の上に立って、各微生物の特徴を理解し、その鑑別ができる技術を学習する。
ウイルス医動物学 玉田耕治 2 13  感染症を理解するために、病原体のうちのウイルスと寄生虫等の性状および作用と、それに対する生体反応を理解し、臨床医学への礎とする。
病原生物学実習 玉田耕治 2 20  病原生物(細菌、ウイルス)とそれに伴う生体反応、生体防御について必要な知識を身につけるために、各病原生物の基礎生物学的特性と病原性を理解し、各病原生物の鑑別ができる技術を学習する。
病理組織実習1 池田栄二 2 30  これまでに学んだ病理病態学の知識を再確認するために、実際に病理組織標本を鏡検し、種々の疾患の病理形態学的特徴について理解を深める。
病理組織実習2 伊藤浩史 3 28  これまでに学んだ病理病態学の知識を再確認するために、実際に病理組織標本を鏡検し、種々の疾患の病理形態学的特徴について理解を深める。

コースのねらいとユニット構成

注意点