時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

ユニット概要
Unit

コース

病態学総論

ユニット

病理組織実習1

目標

1.主題

1.これまでに学んだ病理病態学の知識を再確認するために、実際に病理組織標本を鏡検し、種々の疾患の病理形態学的特徴について理解を深める。

2.到達目標

1.循環器系の主要疾患の病理組織学的特徴を説明できる。
2.呼吸器系の主要疾患の病理組織学的特徴を説明できる。
3.神経系の主要疾患の病理組織学的特徴を説明できる。
4.眼・視覚系の主要疾患の病理組織学的特徴を説明できる。
5.血液・造血器・リンパ系の主要疾患の病理組織学的特徴を説明できる。
6.内分泌・栄養・代謝系の主要疾患の病理組織学的特徴を説明できる。

3.ねらい(H28コアカリ等対応)

▼ねらい番号を表示

4.学修目標(H28コアカリ等対応)

▼コアカリ番号を表示

5.旧一般学習目標(GIO)

▼旧一般学習目標(GIO)を表示

方略(LS)

1.ユニット構成

日付昇順で表示
試験
項目 年月日曜日時限 内容 担当者 場所 コアカリ番号
2019年2月12日(火)
1・2,3・4時限(2年)
筆記試験(評価方法参照) 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
実習(一斉型)
授業ID 年月日曜日時限 実習内容 担当者 場所 コアカリ番号
j0405312526 25,26 2019年2月4日(月)
5・6,7・8時限(2年)
復習 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
j0405312324 23,24 2019年2月1日(金)
5・6,7・8時限(2年)
内分泌・栄養・代謝系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-3-*-1,C-4-3-*-2,C-4-3-*-3,C-4-3-*-4,D-12-4-2-1,D-12-4-2-2,D-12-4-2-3,D-12-4-10-1,D-12-4-4-1,D-12-4-4-2,D-12-4-10-2,D-12-4-10-3,D-12-4-7-2,E-3-1-*-1
j0405312122 21,22 2019年1月30日(水)
5・6,7・8時限(2年)
血液・造血器・リンパ系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
D-1-4-1-1,D-1-4-1-2,D-1-4-1-3,D-1-4-1-4,D-1-4-1-5,D-1-4-4-1,D-1-4-4-2,D-1-4-4-3,D-1-4-4-4,D-1-4-4-5,D-1-4-4-6,D-1-4-4-7,D-1-4-4-8,D-1-4-4-9,D-1-4-2-1,D-1-4-2-2,D-1-4-2-3,D-1-4-2-4,D-1-4-2-5,D-1-4-2-6,D-1-4-2-7,D-1-4-3-1
j0405311920 19,20 2019年1月28日(月)
5・6,7・8時限(2年)
血液・造血器・リンパ系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
D-1-4-1-1,D-1-4-1-2,D-1-4-1-3,D-1-4-1-4,D-1-4-1-5,D-1-4-4-1,D-1-4-4-2,D-1-4-4-3,D-1-4-4-4,D-1-4-4-5,D-1-4-4-6,D-1-4-4-7,D-1-4-4-8,D-1-4-4-9,D-1-4-2-1,D-1-4-2-2,D-1-4-2-3,D-1-4-2-4,D-1-4-2-5,D-1-4-2-6,D-1-4-2-7,D-1-4-3-1,E-3-1-*-1
j0405311718 17,18 2019年1月25日(金)
5・6,7・8時限(2年)
眼・視覚系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
D-13-4-2-1,D-14-4-1-6,D-14-4-2-2,D-14-4-2-1,D-14-4-1-12,E-3-1-*-1
j0405311516 15,16 2019年1月21日(月)
5・6,7・8時限(2年)
神経系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-3,D-2-4-1-1,D-2-4-2-2,D-2-4-2-3,D-2-4-3-1,D-2-4-3-2,D-2-4-10-1,D-2-4-4-1,D-2-4-4-2,D-2-4-5-1,D-2-4-6-1,E-3-1-*-1
j0405311314 13,14 2019年1月18日(金)
7・8,9・10時限(2年)
神経系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-3,D-2-4-1-1,D-2-4-2-2,D-2-4-2-3,D-2-4-3-1,D-2-4-3-2,D-2-4-10-1,D-2-4-4-1,D-2-4-4-2,D-2-4-5-1,D-2-4-6-1
j0405311112 11,12 2019年1月17日(木)
7・8,9・10時限(2年)
神経系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-3,D-2-4-1-1,D-2-4-2-2,D-2-4-2-3,D-2-4-3-1,D-2-4-3-2,D-2-4-10-1,D-2-4-4-1,D-2-4-4-2,D-2-4-5-1,D-2-4-6-1,E-3-1-*-1
j0405310910 9,10 2019年1月11日(金)
7・8,9・10時限(2年)
呼吸器系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-1,C-4-5-*-2,C-4-5-*-3,D-6-4-2-2,D-6-4-2-3,D-6-4-2-4,D-6-4-2-5,D-6-4-2-6,D-6-4-2-7,D-6-4-3-2,D-6-4-3-3,D-6-4-3-4,D-6-4-3-5,D-6-4-3-6,D-6-4-3-7,D-6-4-4-1,D-6-4-4-2,D-6-4-4-3,D-6-4-4-4,D-6-4-5-1,D-6-4-5-2,D-6-4-5-3,D-6-4-9-1,D-6-4-9-2,D-6-4-7-1,D-6-4-7-2,D-6-4-7-3,D-6-4-8-1,D-6-4-9-3,D-6-4-8-4,D-6-4-9-4
j0405310708 7,8 2019年1月10日(木)
7・8,9・10時限(2年)
呼吸器系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-1,C-4-5-*-2,C-4-5-*-3,D-6-4-2-2,D-6-4-2-3,D-6-4-2-4,D-6-4-2-5,D-6-4-2-6,D-6-4-2-7,D-6-4-3-2,D-6-4-3-3,D-6-4-3-4,D-6-4-3-5,D-6-4-3-6,D-6-4-3-7,D-6-4-4-1,D-6-4-4-2,D-6-4-4-3,D-6-4-4-4,D-6-4-5-1,D-6-4-5-2,D-6-4-5-3,D-6-4-9-1,D-6-4-9-2,D-6-4-7-1,D-6-4-7-2,D-6-4-7-3,D-6-4-8-1,D-6-4-9-3,D-6-4-8-4,D-6-4-9-4
j0405310506 5,6 2019年1月9日(水)
7・8,9・10時限(2年)
呼吸器系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-5-*-1,C-4-5-*-2,C-4-5-*-3,D-6-4-2-2,D-6-4-2-3,D-6-4-2-4,D-6-4-2-5,D-6-4-2-6,D-6-4-2-7,D-6-4-3-2,D-6-4-3-3,D-6-4-3-4,D-6-4-3-5,D-6-4-3-6,D-6-4-3-7,D-6-4-4-1,D-6-4-4-2,D-6-4-4-3,D-6-4-4-4,D-6-4-5-1,D-6-4-5-2,D-6-4-5-3,D-6-4-9-1,D-6-4-9-2,D-6-4-7-1,D-6-4-7-2,D-6-4-7-3,D-6-4-8-1,D-6-4-9-3,D-6-4-8-4,D-6-4-9-4
j0405310304 3,4 2019年1月8日(火)
7・8,9・10時限(2年)
循環器系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-2-*-1,C-4-2-*-2,C-4-2-*-3,C-4-4-*-1,C-4-4-*-2,C-4-5-*-4,D-5-4-2-1,D-5-4-2-2,D-5-4-2-3,D-5-4-2-5
j0405310102 1,2 2019年1月7日(月)
7・8,9・10時限(2年)
実習方法の説明、循環器系の疾患 池田栄二, 崔丹 形態学実習室(実習棟A4階)
C-4-2-*-1,C-4-2-*-2,C-4-2-*-3,C-4-4-*-1,C-4-4-*-2,C-4-5-*-4,D-5-4-2-1,D-5-4-2-2,D-5-4-2-3,D-5-4-2-5

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
1 組織病理アトラス(第6版) 小池盛雄 他編 文光堂 2016 12600

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.教育方法等の特記事項

 実際の疾患病変部から採取された組織の標本を,顕微鏡下に観察する。ユニット内おいて,臨床現場における病理診断業務に準じた小テストを課し,主体的学修態度を喚起する実践的教育を行う。

評価方法

 主として下記1)により評価を行うが,下記2)および3),出席(原則として全出席)・実習態度も考慮に入れ,総合的に評価する。
1)ユニットの実習が全て終了した後,実習成果について試験を施行する。試験方法は,臨床現場における病理組断業務に対応する実技試験の形式で行う。すなわち,病理組織標本を配布し,その組織所見および病変の最終診断を記載させる。
2)ユニット内においても,上記1)と同じ形式の小テストを2回行う。
3)実習スケッチを提出させ,修学状況を判断する。

注意点(再試等)

 ユニット責任者の判断により,再試を行う場合がある。