時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

ユニット概要
Unit

コース

基礎生物医学

ユニット

発生学

目標

1.主題

1.有性生殖と受精のシステムを理解する。
2.受精卵から細胞分化とその制御の仕組みを理解する。
3.胚葉分化から臓器形成への過程と各臓器の発生起源を把握する。

2.到達目標

1.生殖細胞の形成過程を説明できる。
2.哺乳類の受精と胚盤胞の特徴について説明できる。
3.胚盤と3胚葉形成について説明できる。
4.着床と胎盤の構造について説明できる。
5.胚内体腔の形成について説明できる。
6.神経胚形成と各胚葉からの器官系形成を概説できる。
7.胎児・胎盤系の発達過程での機能・形態的変化を説明できる。
8.主な先天性疾患について発生機序、病態整理を概説できる。

3.ねらい(H28コアカリ等対応)

▼ねらい番号を表示

4.学修目標(H28コアカリ等対応)

▼コアカリ番号を表示

5.旧一般学習目標(GIO)

▼旧一般学習目標(GIO)を表示

方略(LS)

1.ユニット構成

日付昇順で表示
試験
項目 年月日曜日時限 内容 担当者 場所 コアカリ番号
2018年9月4日(火)
9・10時限(2年)
筆記試験 中村教泰, 西尾忠, 中村純奈 形態学実習室(実習棟A4階)
講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 コアカリ番号
k0401050900 7 2018年8月31日(金)
1・2時限(2年)
発生の生化学(3) 田中幹子 形態学実習室(実習棟A4階)
C-2-4-*-1,C-2-4-*-9
k0401050800 6 2018年7月13日(金)
3・4時限(2年)
発生の生化学(2) 佐世正勝 第1講義室
C-2-2-1-6,Y-1-1-*-17
k0401050600 5 2018年7月13日(金)
1・2時限(2年)
先天異常学 清木誠 第1講義室
C-2-4-*-1,C-2-4-*-3,D-5-4-6-1,D-10-3-*-2,E-7-1-*-2
k0401050700 4 2018年7月12日(木)
3・4時限(2年)
臓器形成(2) 中村教泰 第1講義室
C-2-4-*-1,C-2-4-*-4,C-2-4-*-7,D-7-1-*-1,D-7-1-*-2,D-9-1-*-1,C-2-4-*-4,C-2-4-*-5,C-2-4-*-6,C-2-4-*-8,C-2-4-*-9
k0401050400 3 2018年7月12日(木)
1・2時限(2年)
臓器形成(1) 中村教泰 第1講義室
C-2-4-*-1,C-2-4-*-4,C-2-4-*-7,D-7-1-*-1,D-7-1-*-2,D-9-1-*-1,C-2-4-*-2,C-2-4-*-3,C-2-4-*-9
k0401050200 2 2018年7月11日(水)
3・4時限(2年)
初期発生(原腸形成)と神経管形成 中村教泰 第1講義室
C-2-4-*-1,C-2-4-*-2,C-2-4-*-7,C-2-4-*-9,D-10-3-*-2,Y-1-3-*-3
k0401050100 1 2018年7月11日(水)
1・2時限(2年)
受精と着床 中村教泰 第1講義室
C-2-4-*-1,D-10-3-*-2,Y-1-3-*-3
実習(一斉型)
授業ID 年月日曜日時限 実習内容 担当者 場所 コアカリ番号
j0401050102 1,2 2018年8月31日(金)
3・4,5・6時限(2年)
発生の実際(ニワトリ胚を中心に) 田中幹子, 清木誠, 有賀隆行, 古元礼子, 藤永竜太郎, 北川孝雄, 山口和人, 淺岡洋一 形態学実習室(実習棟A4階)
C-2-4-*-1,Y-1-3-*-1,Y-1-3-*-2,Y-1-3-*-3

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
2 Essential細胞生物学(原書第4版) B. Alberts 他著, 中村桂子 他訳 南江堂 2016 8400
2 The Developing Human, Clinically Oriented Embryology, 10th ed K. L. Moore, T. V. N. Persaud 著 Elsevier Science Health Science div 2016 14035
2 Langman's Medical Embryology, 13th ed T. W. Sadler 著 Lippincott Williams & Wilkins 2015 14035
3 Developmental Biology, 11th ed S. F. Gilbert 著 Sinauer 2016
3 フィッツジェラルド人体発生学 平野茂樹 他訳 西村書店 1999 5775
3 臨床人体発生学-先天異常の現象の理解のために 岡本直正 編著 南江堂 1983

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.教育方法等の特記事項

 講義よりなる。プリントを配布する。Moodleを用いた小テストを行いフィードバックをかけることで,ルーブリック評価を行う。講義中にレポート提出を求めることもある。

評価方法

 ユニット最終日に,ユニット全内容についての筆記試験を行う。ユニット進行中にも適宜小テストやレポートが課されることがある。成績評価は,これらの試験やレポート,授業への参加態度を総合的に判断する。

注意点(再試等)

 1回のみ行う。