時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

ユニット概要
Unit

コース

細胞生物医学

ユニット

細胞生物エネルギー学

目標

1.主題

1.臓器の形成(発生)•修復(再生)維持(ホメオスターシス 代謝)の概略を学ぶ
2. 生体の生命維持に必要なエネルギー代謝を理解するために、生体酸化とATP生合成に関わるタンパク質や酵素の構造と機能ならびにその統合と制御機構を学ぶ。
3.

2.到達目標

1.再生医学への応用の視点から臓器形成メカニズムを概説できる。
2. 糖代謝、解糖、TCA 回路、電子伝達系、酸化的リン酸化によるATP の産生を説明できる。
3. 脂質の合成と分解を説明できる。
4. 蛋白質の合成と分解、アミノ酸の異化と尿素合成の経路を説明できる。
5. ヌクレオチドの合成・異化・再利用経路を説明できる。
6. 酵素の機能と調節について説明できる。
7. 空腹時(飢餓)、食後(過食時)と糖尿病、運動時における代謝を説明できる。
8. ホルモンの構造・作用機序、ホルモン分泌の調節機構を説明できる。

3.ねらい(H28コアカリ等対応)

▼ねらい番号を表示

4.学修目標(H28コアカリ等対応)

▼コアカリ番号を表示

5.旧一般学習目標(GIO)

▼旧一般学習目標(GIO)を表示

方略(LS)

1.ユニット構成

日付降順で表示
講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 コアカリ番号
k0404220500 1 2018年9月18日(火)
1・2時限(2年)
解糖系とクエン酸回路 北川孝雄 第1講義室
C-2-5-*-2,C-2-5-*-3
k0404220600 2 2018年9月18日(火)
3・4時限(2年)
呼吸鎖とペントースリン酸経路 北川孝雄 第1講義室
C-2-5-*-4,C-2-5-*-7
k0404220700 3 2018年9月28日(金)
5・6時限(2年)
グリコーゲン代謝と糖新生 北川孝雄 第1講義室
C-2-5-*-5,C-2-5-*-6
k0404220900 4 2018年9月28日(金)
7・8時限(2年)
ビタミン 北川孝雄 第1講義室
C-2-5-*-14,C-2-5-*-15,C-4-3-*-5,D-12-1-*-8
k0404220200 5 2018年10月2日(火)
1・2時限(2年)
分子構造の視点から考える生体分子の機能制御異常と創薬1 緒方一博 第1講義室
C-2-5-*-1
k0404220300 6 2018年10月2日(火)
3・4時限(2年)
分子構造の視点から考える生体分子の機能制御異常と創薬2 緒方一博 第1講義室
C-2-5-*-1,C-2-5-*-9
k0404221000 7 2018年10月4日(木)
5・6時限(2年)
脂質の分解 古元礼子 第1講義室
C-2-5-*-8
k0404221100 8 2018年10月4日(木)
7・8時限(2年)
脂質の生合成 古元礼子 第1講義室
C-2-5-*-8
k0404221800 9 2018年10月9日(火)
3・4時限(2年)
コレステロールとリポ蛋白質の代謝 古元礼子 第1講義室
C-2-5-*-9,C-2-5-*-8,C-4-3-*-6
k0404221400 10 2018年10月10日(水)
1・2時限(2年)
アミノ酸の分解 北川孝雄 第1講義室
C-2-5-*-10,C-2-5-*-11,D-2-1-1-4
k0404221500 11 2018年10月10日(水)
3・4時限(2年)
アミノ酸の生合成 北川孝雄 第1講義室
C-2-5-*-12,C-4-3-*-2,D-2-1-1-4
k0404221700 12 2018年10月16日(火)
1・2時限(2年)
代謝の統合と障害 北川孝雄 第1講義室
C-2-5-*-16,C-4-3-*-1,C-4-3-*-3,D-2-1-1-3,D-12-1-*-9,D-12-1-*-8,D-12-2-*-5
k0404220100 13 2018年10月16日(火)
3・4時限(2年)
発生の生化学(1) 清木誠 第1講義室
A-2-2-*-1,A-2-2-*-2,C-2-4-*-9
k0404221600 14 2018年10月17日(水)
1・2時限(2年)
ヌクレオチドの代謝 北川孝雄 第1講義室
C-2-5-*-13,C-4-3-*-4,D-12-4-7-2,E-3-3-*-4
k0404220400 15 2018年10月17日(水)
3・4時限(2年)
糖鎖と病気の発症、診断、治療 谷口直之 第1講義室
C-4-3-*-1
k0404221200 16 2018年10月18日(木)
5・6時限(2年)
ホルモンによる調節と臓器連携(1) 古元礼子 第1講義室
C-2-1-1-3,C-2-3-1-2,C-2-3-4-1,C-2-5-*-16,D-12-1-*-1,D-12-1-*-2
k0404221300 17 2018年10月18日(木)
7・8時限(2年)
ホルモンによる調節と臓器連携(2) 古元礼子 第1講義室
C-2-1-1-3,C-2-1-1-4,C-2-3-1-1,C-2-3-1-2,C-2-3-1-3,D-12-1-*-1,D-12-1-*-6,D-12-4-5-1
試験
項目 年月日曜日時限 内容 担当者 場所 コアカリ番号
2018年10月29日(月)
3・4時限(2年)
最終試験 清木誠, 古元礼子, 北川孝雄 形態学実習室(実習棟A4階)

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
1 Essential細胞生物学(原書第4版) B. Alberts 他著, 中村桂子 他訳 南江堂 2016 8400
2 Lehninger Principles of Biochemistry, 7th ed D. L. Nelson, M. M. Cox 著 Worth Publishers 2017 10441

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.教育方法等の特記事項

(注意点)講義中に食事をしない。講義中は携帯電話の電源を切り,私語を慎む。授業を妨害する行為があった場合には退室させる。

評価方法

 ユニット最終日に,ユニット全内容についての筆記試験を行う。ユニット進行中にも適宜小テストやレポートが課されることがある。成績評価は,これらの試験やレポート,授業への参加態度を総合的に判断する。

注意点(再試等)

 ユニット責任者の判断により,再試を行う場合がある。