時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

ユニット概要
Unit

コース

病態学総論

ユニット

病原細菌学

目標

1.主題

1.病原細菌とその感染について医学士として必要な知識を身につける。
2.病原細菌について生化学、分子生物学などの基礎的理解の上に立ってその特徴を理解する。
3.病原細菌とその感染症について診断、治療、予防・対策及び関連した法律を習得する。

2.到達目標

1.病原細菌の分類、形態、培養について説明できる。
2.病原細菌の分子遺伝学を理解し、複製機構について説明できる。
3.病原細菌の化学療法と薬剤耐性を理解し、説明できる。
4.病原細菌の感染症の診断、鑑別、治療、予防・対策を理解し、説明できる。。
5.病原細菌の感染症に関わる法規を理解し、説明できる。

3.ねらい(H28コアカリ等対応)

▼ねらい番号を表示

4.学修目標(H28コアカリ等対応)

▼コアカリ番号を表示

5.旧一般学習目標(GIO)

▼旧一般学習目標(GIO)を表示

方略(LS)

1.ユニット構成

日付降順で表示
講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 コアカリ番号
k0405280300 1 2018年10月11日(木)
3・4時限(2年)
細菌の形態・増殖と滅菌・消毒 長谷川明洋 第1講義室
C-3-1-4-1,C-3-1-4-3,E-2-1-*-5
k0405280200 2 2018年10月16日(火)
5・6時限(2年)
細菌の遺伝 柴田健輔 第1講義室
C-3-1-4-3,Y-1-1-*-13,Y-1-1-*-14,Y-1-1-*-15
k0405280700 3 2018年10月16日(火)
7・8時限(2年)
細菌・真菌の病原性 荻野英賢 第1講義室
C-3-1-4-3,C-3-2-1-1,C-2-3-3-1,Y-1-1-*-18,C-3-1-4-10,E-2-4-3-1,E-2-2-*-4
k0405281300 4 2018年10月18日(木)
1・2時限(2年)
らせん状菌:ヘリコバクター、キャンピロバクター、スピリルム、スピロヘータ 小西久典 第1講義室
C-3-1-4-8,C-3-1-4-11,D-3-4-7-4,D-7-4-2-2,E-2-4-4-1,E-2-4-4-2
k0405280500 5 2018年10月18日(木)
3・4時限(2年)
細菌感染と診断 調恒明 第1講義室
D-3-2-*-3,E-2-2-*-2,E-2-2-*-3,F-2-3-*-13
k0405281000 6 2018年10月19日(金)
1・2時限(2年)
マイコプラズマ、リケッチア、クラミジア 尾内一信 第1講義室
C-3-1-4-11,E-2-4-2-10,E-2-4-2-12,E-2-4-4-1,E-2-4-2-9,E-2-4-4-4
k0405280600 7 2018年10月22日(月)
5・6時限(2年)
化学療法 尾家重治 第1講義室
C-3-1-4-2,C-3-1-4-3,Y-1-1-*-18,E-2-1-*-4
k0405280800 8 2018年10月22日(月)
7・8時限(2年)
グラム陽性球菌、院内感染菌と薬剤耐性菌 荻野英賢 第1講義室
C-3-1-4-4,E-2-1-*-6,E-2-1-*-7,E-2-4-2-1,E-2-4-2-2,D-3-4-7-1,E-2-4-2-3,E-2-1-*-4
k0405280900 9 2018年10月25日(木)
1・2時限(2年)
グラム陰性球菌と桿菌 柴田健輔 第1講義室
C-3-1-4-5,C-3-1-4-7,E-2-4-2-6,E-2-4-2-11,E-2-4-2-5
k0405281100 10 2018年10月25日(木)
3・4時限(2年)
グラム陽性桿菌、グラム陰性好気性球菌、抗酸菌 柴田健輔 第1講義室
C-3-1-4-6,C-3-1-4-9,E-2-4-2-8
試験
項目 年月日曜日時限 内容 担当者 場所 コアカリ番号
2018年11月12日(月)
1・2時限(2年)
試験 長谷川明洋, 柴田健輔, 荻野英賢 形態学実習室(実習棟A4階)

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
2 標準微生物学(第12版) 監修:平松啓一 医学書院 2015 7000
2 シンプル微生物学(改訂第5版) 東匡伸 他編 南江堂 2011 2900
3 細菌学 竹田美文 他編 朝倉書店 2002 30000

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.教育方法等の特記事項

 講義は『標準微生物学』および『シンプル微生物学』の内容に沿って行われる。

評価方法

 出席日数,学習態度,筆記試験により評価する。
細菌学ユニットの授業出席率2/3以上に達しない者は,ユニット試験の受験資格がなく,受験しても評価の対象としない。

注意点(再試等)

 ユニット責任者の判断により,再試を行う場合がある。