時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

ユニット概要
Unit

コース

病態学総論

ユニット

臨床病理学2

目標

1.主題

1.病理病態学を臨床医学に応用するために、右記の諸臓器に生じる先天異常、物質代謝障害、循環障害によって引き起こされる疾患の病理学的知識を習得する。
2.病理病態学を臨床医学に応用するために、右記の諸臓器に生じる炎症性疾患の病理学的知識を習得する。
3.病理病態学を臨床医学に応用するために、右記の諸臓器に生じる腫瘍性疾患の病理学的知識を習得する。

2.到達目標

1.消化器に生じる主な先天異常、物質代謝障害、進行性病変、循環障害、炎症および腫瘍性疾患についてその病因と病理学的特徴を説明できる。
2.乳腺および女性生殖器に生じる主な先天異常、物質代謝障害、進行性病変、循環障害、炎症および腫瘍性疾患についてその病因と病理学的特徴を説明できる。
3.腎・泌尿器生じる主な先天異常、物質代謝障害、進行性病変、循環障害、炎症および腫瘍性疾患についてその病因と病理学的特徴を説明できる。
4.男性生殖器に生じる主な先天異常、物質代謝障害、進行性病変、循環障害、炎症および腫瘍性疾患についてその病因と病理学的特徴を説明できる。
5.骨軟部および皮膚に生じる主な先天異常、物質代謝障害、進行性病変、循環障害、炎症および腫瘍性疾患についてその病因と病理学的特徴を説明できる。

3.ねらい(H28コアカリ等対応)

▼ねらい番号を表示

4.学修目標(H28コアカリ等対応)

▼コアカリ番号を表示

5.旧一般学習目標(GIO)

▼旧一般学習目標(GIO)を表示

方略(LS)

1.ユニット構成

日付昇順で表示
試験
項目 年月日曜日時限 内容 担当者 場所 コアカリ番号
2018年5月7日(月)
5・6,7・8時限(3年)
筆記試験 伊藤浩史, 小賀厚徳, 近藤智子(2病理), 木村相泰 形態学実習室(実習棟A4階)
講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 コアカリ番号
k0405491400 14 2018年4月24日(火)
3・4時限(3年)
骨・軟部の疾患(2) 伊藤浩史 形態学実習室(実習棟A4階)
D-2-4-6-1,D-2-4-6-2,D-2-4-6-3,D-4-4-1-7,D-4-4-1-6,D-4-4-3-1
k0405491300 13 2018年4月24日(火)
1・2時限(3年)
骨・軟部の疾患(1) 伊藤浩史 形態学実習室(実習棟A4階)
D-2-4-6-1,D-2-4-6-2,D-2-4-6-3,D-4-4-1-7,D-4-4-1-6,D-4-4-3-1
k0405491000 12 2018年4月13日(金)
3・4時限(3年)
前立腺, 精嚢, 睾丸, 精巣の疾患 木村相泰 形態学実習室(実習棟A4階)
D-9-4-1-1,D-9-4-1-2,D-9-4-3-1,D-9-4-3-2
k0405490900 11 2018年4月13日(金)
1・2時限(3年)
泌尿器の腫瘍 木村相泰 形態学実習室(実習棟A4階)
D-8-4-5-1,D-8-4-7-1,D-8-4-9-1,D-8-4-9-2,D-8-4-8-1,D-8-4-8-2
k0405490500 10 2018年4月11日(水)
3・4時限(3年)
腎の疾患(2) 木村相泰 形態学実習室(実習棟A4階)
D-8-4-1-5,D-8-4-1-6,D-8-4-2-1,D-8-4-2-2,D-8-4-2-3,D-8-4-2-4,D-8-4-3-2,D-8-4-5-2,D-8-4-6-1,D-8-4-6-2,D-8-4-6-3,D-8-4-6-4,D-8-4-6-5
k0405490800 9 2018年4月11日(水)
1・2時限(3年)
腎の疾患(1) 木村相泰 形態学実習室(実習棟A4階)
D-8-4-1-5,D-8-4-1-6,D-8-4-2-1,D-8-4-2-2,D-8-4-2-3,D-8-4-2-4,D-8-4-3-2,D-8-4-5-2,D-8-4-6-1,D-8-4-6-2,D-8-4-6-3,D-8-4-6-4,D-8-4-6-5
k0405491200 8 2018年4月10日(火)
3・4時限(3年)
卵巣及び乳腺の病変 近藤智子(2病理) 形態学実習室(実習棟A4階)
D-9-4-3-4,D-11-4-1-1,D-11-4-2-1,D-11-4-1-2
k0405491100 7 2018年4月10日(火)
1・2時限(3年)
外陰部, 子宮頸部及び内膜の病変 近藤智子(2病理) 形態学実習室(実習棟A4階)
D-9-4-2-1,D-9-4-2-4,D-9-4-2-5,D-9-4-3-3,D-9-4-2-6,D-9-4-3-5
k0405490700 6 2018年4月9日(月)
3・4時限(3年)
膵胆道系の疾患 伊藤浩史 形態学実習室(実習棟A4階)
D-7-4-4-1,D-7-4-4-2,D-7-4-4-3,D-7-4-6-1,D-7-4-6-2,D-7-4-8-10,D-7-4-8-11
k0405490600 5 2018年4月9日(月)
1・2時限(3年)
肝炎, 肝硬変, 肝腫瘍 伊藤浩史 形態学実習室(実習棟A4階)
D-7-4-5-1,D-7-4-5-2,D-7-4-5-3,D-7-4-5-4,D-7-4-5-5,D-7-4-8-9,D-7-4-5-8
k0405490400 4 2018年4月6日(金)
3・4時限(3年)
腸の疾患(2), 肝の形態, 肝の循環障害, 代謝障害 伊藤浩史 形態学実習室(実習棟A4階)
D-7-4-8-6,D-7-4-8-7,D-7-4-8-8,D-7-4-3-1,D-7-4-3-3,D-7-4-3-4,D-7-4-3-5,D-7-4-3-6,D-7-4-3-7,D-7-4-3-8,D-7-4-3-9,D-7-4-3-16,D-7-4-3-2,D-7-4-5-6,D-7-4-5-7,D-7-4-3-10
k0405490300 3 2018年4月6日(金)
1・2時限(3年)
腸の疾患(1) 伊藤浩史 形態学実習室(実習棟A4階)
D-7-4-8-6,D-7-4-8-7,D-7-4-8-8,D-7-4-3-1,D-7-4-3-3,D-7-4-3-4,D-7-4-3-5,D-7-4-3-6,D-7-4-3-7,D-7-4-3-8,D-7-4-3-9,D-7-4-3-16,D-7-4-3-2,D-7-4-3-10
k0405490200 2 2018年4月5日(木)
3・4時限(3年)
胃の疾患 小賀厚徳 形態学実習室(実習棟A4階)
D-7-4-2-1,D-7-4-2-2,D-7-4-2-3,D-7-4-2-4,D-7-4-2-5,D-7-4-8-3,D-7-4-8-4
k0405490100 1 2018年4月5日(木)
1・2時限(3年)
口腔, 唾液腺,食道の疾患 小賀厚徳 形態学実習室(実習棟A4階)
D-14-4-1-6,D-14-4-2-1,D-14-4-1-12,D-7-4-1-1

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
2 病理学 (第6版) 遠城寺宗知 監 医学書院 1995 22050
2 Pathology, 7th ed E. Rubin, J. L. Farber 著 Lippincott Williams & Wilkins 2015 9543
2 イラスト病理学(第4版) 細田泰弘 監訳 文光堂 2002 7875
2 Newエッセンシャル病理学(第6版) 名倉宏 他編 医歯薬出版 2009 11550
3 組織病理アトラス(第6版) 小池盛雄 他編 文光堂 2016 12600

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.教育方法等の特記事項

 旧病理学第二講座(分子病理学)が担当する。病理組織実習2と並行して講義・実習を行い,種々の疾病とその病理組織像を効果的に学習する。
(注意点)欠席,遅刻をしないようにすること。特に外部講師を招いての特別講義は必ず出席すること(講義中抜き打ちで出席を取ります)。

評価方法

 中間試験と本試験の2回,筆記および実習試験を行う。出席の確認は点呼や本人署名,小テスト,作業課題レポート等で行う。実習時間内のいつ実施するかについては決めない。遅刻(無断離席を含む)は2回で欠席1回とする。1日欠席すると2回欠席したことになるので注意すること。なお小テストや作業課題レポートの点数は最終的な成績評価の対象としない。

注意点(再試等)

 1回のみ行う。