時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

ユニット概要
Unit

コース

感覚器病態学

ユニット

眼・視覚病態系

目標

1.主題

1.眼・視覚系の各臓器の形態・生理・機能を理解する。
2.眼疾患の疫学、病因・病態、診断法を理解する。
3.眼疾患の内科的・外科的治療法、および病的経過や予後に関する総合的な知識を修得し、眼・視覚器患者に対する臨床能力を身につける。

2.到達目標

1.眼球と付属器の構造と機能を説明できる。
2.視覚情報の受容のしくみと伝導路を説明できる。
3.基本的眼科検査(視力検査、視野検査、細隙灯顕微鏡検査、眼圧検査、眼底検査)を列挙し、それらの原理と適応を述べ、主要所見を解釈できる。
4.角膜疾患の病因、症候、診断と治療を説明できる。
5.白内障の病因、症候、診断と治療を説明できる。
6.緑内障の病因を列挙し、それらの発症機序、症候と治療を説明できる。
7.眼底疾患の病因を列挙し、それらの発症機序、症候と治療を説明できる。

3.ねらい(H28コアカリ等対応)

▼ねらい番号を表示

4.学修目標(H28コアカリ等対応)

▼コアカリ番号を表示

5.旧一般学習目標(GIO)

▼旧一般学習目標(GIO)を表示

方略(LS)

1.ユニット構成

日付降順で表示
講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 コアカリ番号
k0414610100 1 2019年2月21日(木)
3・4時限(3年)
眼科学イントロダクション 木村和博 第3講義室
D-13-1-*-1,D-13-1-*-2,D-13-2-*-1,D-13-3-1-1
k0414610200 2 2019年2月22日(金)
1・2時限(3年)
視機能とその評価 永井智彦 第3講義室
D-13-1-*-3,D-13-1-*-4,D-13-2-*-1,D-13-4-1-1
k0414610600 3 2019年2月22日(金)
3・4時限(3年)
網膜疾患(1) 徳田和央 第3講義室
D-13-1-*-1,D-13-1-*-2,D-13-2-*-1,D-13-4-1-10,D-13-4-1-6
k0414610700 4 2019年3月1日(金)
1・2時限(3年)
網膜疾患(2) 徳田和央 第3講義室
D-13-4-2-1,D-13-4-1-5
k0414610500 5 2019年3月1日(金)
3・4時限(3年)
緑内障 寺西慎一郎 第3講義室
D-13-2-*-1,D-13-4-1-4,D-13-3-2-2,D-13-3-2-3
k0414610300 6 2019年3月4日(月)
5・6時限(3年)
前眼部疾患(1) 山田直之 第3講義室
D-13-1-*-1,D-13-2-*-1,D-13-4-1-2
k0414610400 7 2019年3月4日(月)
7・8時限(3年)
前眼部疾患(2) 山田直之 第3講義室
D-13-2-*-1,D-13-4-1-9,D-13-4-1-3
k0414610900 8 2019年3月4日(月)
9・10時限(3年)
神経眼科疾患 守田裕希子 第3講義室
D-13-1-*-1,D-13-1-*-2,D-13-2-*-1,D-13-4-1-8
k0414610800 9 2019年3月5日(火)
1・2時限(3年)
ぶどう膜疾患 柳井亮二 第3講義室
D-13-1-*-1,D-13-2-*-1,D-13-4-1-7
k0414611000 10 2019年3月5日(火)
3・4時限(3年)
眼病変を伴う全身疾患 柳井亮二 第3講義室
D-13-4-1-6
k0414611100 11 2019年3月8日(金)
5・6時限(3年)
眼科手術 木村和博 第3講義室
D-13-4-1-3,D-13-4-1-4,D-13-4-1-5,D-13-4-1-6
k0414611200 12 2019年3月8日(金)
7・8時限(3年)
症例から眼疾患を考える 守田裕希子 第3講義室
D-13-2-*-1,D-13-3-1-1,D-13-4-1-4,D-13-4-1-5,D-13-4-1-6,D-13-4-1-8,D-13-4-1-9,D-13-4-1-10
試験
項目 年月日曜日時限 内容 担当者 場所 コアカリ番号
2019年3月14日(木)
3・4時限(3年)
試験 木村和博 第3講義室

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格
2 標準眼科学 (第13版) 大野重昭 他編集 医学書院 2016 7350

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.教育方法等の特記事項

 コアカリキュラムだけでなく,医師国家試験出題基準に準拠して講義を行い,評価をします。講義内容は予め眼科学教室のHPよりエッセンススライドをダウンロードのうえ確認し,主体的学修を心がけてください。臨床実習では少人数グループ学修,統合型演習,診療参加型臨床実習,シミュレーション実習を行い,最終発表は症例報告,テーマレポート,英語論文翻訳を行い,総合的に評価します。

評価方法

 ユニット最終日に,ユニット全内容についての筆記試験を行う。ユニット進行中にも適宜小テストを課す。成績評価は,これらの試験やレポート,授業への参加態度を総合的に判断する。

注意点(再試等)

 ユニット責任者の判断により,再試を行う場合がある。