時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

カリキュラム
Curriculum

コース

感覚器病態学

目標

1.一般学習目標(コースGIO)

2.構成ユニット目標(ユニットGIOs)

ユニット名 ユニット責任者 学年 コマ数 ユニットGIO
眼・視覚病態系 木村和博 3 13  眼・視覚疾患を理解し、その診療ができるようになるために、眼・視覚系の各臓器の形態・生理・機能、ならびに、各疾患の疫学、病因・病態、診断法、内科的・外科的治療法、および病的経過や予後に関する総合的な知識を修得し、眼・視覚器患者に対する臨床能力を身につける
耳鼻・口腔・咽喉病態系 山下裕司(代表)/三島克章 4 23  耳鼻・口腔・咽喉に関する疾患の症候及び病態を理解するために、必要な形態・生理・機能を修得し、また、基本的な疾患の診断ができるような臨床能力を身につけ,治療法について理解する。
皮膚病態系 下村裕 4 13  皮膚疾患をの症候及び病態を理解するために、必要な皮膚の構造・機能・病態生理を修得し、また基本的な疾患の診療ができるような臨床能力を習得する。

コースのねらいとユニット構成

注意点