時間割
timetable
基盤医学系科目
curriculum
展開医学系科目
curriculum

カリキュラム全体概要

テキスト

出席管理システム(学生専用)

ユニット評価(学生専用)

臨床実習1評価(学生専用)

臨床実習2評価(学生専用)

出席管理システム(教員専用)

評価入力・閲覧(教員専用)

動画配信(学生・教員専用)

学生専用サイト

教員専用サイト

医学教育関連資料

国試関連資料

関連法規・宣言等

ユニット概要
Unit

コース

臨床推論・実習入門演習

ユニット

多職種連携

目標

1.主題

1.病院が多職種連携の協力の元に成り立っている現状を理解する。
2.多職種連携の現状について概説する。

2.到達目標

1.コミュニケーションの方法と技能(言語的・非言語的)を説明し、コミュニケーションが態度あるいは行動に及ぼす影響を概説できる。
2.コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
3.チーム医療の意義を説明できる。
4.医療チームの構成や各構成員(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、その他の医療職)の役割分担と連携・責任体制について説明し、チームの一員として参加できる。
5.自分の能力の限界を認識し、必要に応じて他の医療従事者に援助を求めることができる。
6.保健、医療、福祉と介護のチーム連携における医師の役割を説明できる。

3.ねらい(H28コアカリ等対応)

▼ねらい番号を表示

4.学修目標(H28コアカリ等対応)

▼コアカリ番号を表示

5.旧一般学習目標(GIO)

▼旧一般学習目標(GIO)を表示

方略(LS)

1.ユニット構成

日付降順で表示
講義
授業ID 年月日曜日時限 講義内容 担当者 場所 コアカリ番号
k0419980100 2018年11月19日(月)
1・2時限(4年)
予備日 第2講義室
A-3-1-*-5,A-3-1-*-6,A-3-1-*-7,A-3-1-*-8,A-4-1-*-1,A-4-1-*-2,A-4-1-*-3,A-5-1-*-1,A-5-1-*-2,A-5-1-*-3,A-5-1-*-4,A-6-1-*-1,A-6-1-*-2,A-6-1-*-3,A-6-1-*-4,A-6-1-*-5,A-6-1-*-6,A-6-1-*-7,A-6-1-*-8,A-6-2-*-1,A-6-2-*-2,A-6-2-*-3,A-6-2-*-4,A-6-3-*-1,A-6-3-*-2,A-6-3-*-3,A-6-3-*-4,A-6-3-*-5,B-4-1-*-13,F-2-15-*-2,F-2-3-*-3
k0419980200 2018年11月19日(月)
3・4時限(4年)
予備日 第2講義室
k0419980300 1 2018年11月19日(月)
5・6時限(4年)
処方箋の書き方、医薬品の取り扱い 北原隆志 第2講義室
F-2-8-*-11
k0419980400 2 2018年11月19日(月)
7・8時限(4年)
病院の仕組み 土岐泰 第2講義室
k0419980500 3 2018年11月20日(火)
1・2時限(4年)
放射線部の役割 岩永秀幸 第2講義室
k0419980600 4 2018年11月20日(火)
3・4時限(4年)
検査部の役割 水野秀一 第2講義室
k0419980700 5 2018年11月20日(火)
5・6時限(4年)
個人情報保護・電子カルテ 石田博 第2講義室
k0419980800 6 2018年11月20日(火)
7・8時限(4年)
多職種連携総論~何故、連携能力が求められているのか? 齊藤 裕之 第2講義室
k0419980900 7 2018年11月21日(水)
1・2時限(4年)
地域医療連携 高砂真明 第2講義室
k0419981000 8 2018年11月21日(水)
3・4時限(4年)
看護部の役割 原田美佐 第2講義室
k0419981100 9 2018年11月21日(水)
5・6時限(4年)
医療安全 山口道也 第2講義室
k0419981200 10 2018年11月21日(水)
7・8時限(4年)
医師会の役割と使命 河村康明(山口県医師会長) 第2講義室

2.テキスト

必要度 書名 著者・監修者・訳者 出版社 出版年 本体価格

1 必携(授業に必ず持参するもの)
2 推奨(学習する際に読むことを強く勧めるもの)
3 参考(参考書として適切なもの)

3.教育方法等の特記事項

 座学授業により,診療参加型臨床実習を行う際に必要な総論的な知識を学修する。

評価方法

 毎回,課題レポートを課し,出席状況(2/3以上の出席が必須)とともに評価する。

注意点(再試等)

 ユニット責任者の判断により,再試を行う場合がある。